Menu アクセス総数:455693 今日:2 昨日:169
メモ  > PHP > 変数関連

現在のスコープに定義されている変数名を取得する。

get_defined_vars();
現在のスコープに定義されている変数名が配列として取得できます。
 
不要な変数を開放する。

unset(変数1[, 変数2, ・・・]);
指定した変数やリソースを開放します。
存在しない変数の場合でもエラーは発生しません。
 
リソースの種類を確認する。

get_resource_type(変数);
リソース型の変数がどの種類のリソースかを表す文字列(リソース名)を返します。
 
変数を整数型に変換する。

intval(変数[, 基数]);
基数を指定すると10進数以外からも変換が可能です。
10進数の場合、(int)や(long)でキャストして変換することも可能です。
intval('10'); // 10
intval('0x0A', 16); // 10
intval('12', 8); // 10
        
変数を不動小数点型に変換する。

floatval(変数);
doubleval(変数);
doublevalはfloatvalのエイリアスです。
(float)や(double)でキャストして変換することも可能です。
 
< 1  2  3  4

関連するページ

メモ  > JavaScript > 文字列関連
メモ  > Java > 文字列関連
メモ  > C# > .NET Framework 4のメール送信で、長い日本語ファイル名の添付をする方法
メモ  > Java > java.text.MessageFormat
メモ  > Java > JDBC(MySQL)
 



RSS 1.0 RSS 2.0 Atom
Copyright © 2007 小物置き場.